こんにちは

ドリンクボトルに入れた水を
走行中に頭からかける瞬間が気持ち良くて大好きな
コーメイです(笑)
暑い時期はホント熱中症で倒れるんじゃないかって思いますよね…^^;




今日は仕事もお休みだったので
馴染みのサイクルショップへ…ε=ε=ε=┌(o゚ェ゚)┘



ロードバイクを買った時にパンク修理キット一式も購入していたのですが、
空気入れがCO2ボンベしか買っていなかったので、
不安を感じたヘタレコーメイは
携帯ポンプを購入(6千円弱ぐらいでした)

20170617_154636


「CO2ボンベだと毎回ボンベを買う度にお金がかかるけど、
これを1個買ってたら安心ですよ

という店員さんのトークに見事に乗っかりました(笑)



実際に使用をしてみることに…



まず上下のフタを開け

20170617_161724




中からエアバルブを取り出します
(LEZYNEは2012年モデルからこのエアバルブを採用
エア抜きや取り外しが簡単になりました)

20170617_161739




取り出したエアバルブを先に取り付けます
右回しで締めることで固定されました
(先に本体を取り付けるとエアバルブと本体の全体を回す必要があります)
20170617_161834




エアバルブの先に携帯ポンプ本体を取り付けます
20170617_161934




あとは空気を入れるだけですが、
かなり力が必要でした…^^;

20170617_162009




使用後、携帯ポンプ本体はロード本体へ装着
見た目もスッキリして
走行する分にも支障なくいつも通り走ることができました

20170617_160600




今後は
CO2ボンベは通勤やイベント参加などの急ぐ時
携帯ポンプはサイクリング時などの急がない時

と、使い分けていく予定です


自転車にとってパンクは避けて通ることのできない道なので、
CO2ボンベにしろ、携帯ポンプにしろ、
パンク対策グッズは必須ですよッ






自転車ブログのランキングはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 自転車ブログへ